電子書籍の利用率が2割弱で頭打ち、「利用意向なし」が増加、「関心なし」と合わせると6割以上に

電子書籍の利用率が2割弱で頭打ち、「利用意向なし」が増加、「関心なし」と合わせると6割以上に -INTERNET Watch http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20160314_747958.html @internet_watchより

なんで普及しないのか
本当にわかっていないのだろうか。
私は販売する人たちが不思議でしょうがないです。

普及させるためには
安くするしかないです。

電子書籍は物として手に入りません。
データを買うだけです。
電子書籍と紙の本の値段が
さほど変わらないのは不思議です。

紙代
インク代
工場の人件費
工場の費用
運搬費用
運搬の人件費
運搬のガソリン代

少なく見てもこれだけ
紙の本より費用がかかっていません。
でもさほど金額が変わらずに
売られているのが現状です。

電子書籍は非常に便利です。
スマホで読みたい時に
読めるんです。
バッグが重たくならないんです。

漫画など読む分には非常に
ありがたいです。

でも1冊安くて100円。
何年前の漫画かもわからないやつが。
ブックオフで108円で
本物が手に入るのに、
データを100円で買うのは
抵抗感があります。
10円どかでしたら
もっと売れると思います。
古本はそうすべきです。

人はやはり所有したくなる生き物です。

自分の物にしたいんです。

なんで夢のマイホームって言うのか

持っている事が嬉しくて
自慢になり、
みなに言いたくなるからです。

所有したいんです。

それをデータ

データなんて所詮データでしか過ぎません。