お金と時間をつぎ込んででも:自ら学ぶ力を育むための習い事

子供に対しては

いくらかかってるの

なんて言ってはいけないですね。

お金をかけているのは親の都合。
子供がそんな率先して何個も塾を掛け持ちしたり、
習い事を何個もやりたいなんて言わないです。

子供は遊びたいもの。

塾に行くより、
習い事をするよりも、
友達とわいわい遊びたいもの。

もちろん野球がしたい。
サッカーがしたい。
バレーがしたい。

って子には思う存分やらせてあげるべきです。

親は影ながら支えてあげて、
子供を伸ばすべきです。

行きたくなくなって遅刻とか休みがちになったら、

興味がなくなったんならもう辞める?

もうちょっとだけ頑張ってみたら?

って支えが大事です。

元ニュース