奨学金未納問題

最近よく話題になっている奨学金未納問題
皆さんも聞いた事はあると思います。

奨学金は大学などの授業料を払えない人が
借りる事がほとんどです。
主に第1種と第2種の2つがあり、
第1種は無利子で第2種は有利子になります。

ここで問題となっているのは、
大学進学で奨学金を借りたが、
返済できずに、
未納状態になってる人が多い事です。

月に8万を大学4年間借りると、
384万円になります。

社会人1年目で既に384万円の借金を背負うことになります。

奨学金は勉強と言う名目のために
気軽に借りる事ができます。
でもこれはもらえるお金ではなく、
借金であるという事を自覚はあまりされていません。

借りる人は

毎月8万円貰える
やったー

くらいにしか考えていないです。
奨学金はただの借金なのに、
将来返さなきゃならないお金なのに、
そんな事は何も考えず
定期収入のように思えてしまいます。

私は貸す方にも借りる方にも
両方ともに問題があると思います。

貸す方はもっと借金だという事を強調して欲しいです。
気軽に借りれるものでない事を
借りる人に正しく理解させる必要があります。

借りる人は借金であり
将来必ず返さなければならない事を理解し、
その上で借りて欲しいです。
奨学金だから未納でも、
ちょっと返すのが送れても、
最悪返さなくてもいいか。
では済みません。
借りたお金は必ず返さなければなりません。

借りる人は家が貧しかったりして、
奨学金を借りないと進学できない人が多数いると思います。
そこまでして勉強したいのか、
大学に行く意味はあるのか、
考える必要があります。
ただみんなが行くから私も行く
ではありません。
あなたの奨学金を返さなきゃならないのは
みんなではなくあなた自身です。

東大、京大、早稲田、慶応
などの一流大学なら行く必要はあると思います。
ただネットで言われている
F欄などに行くのに奨学金を借りる意味がわかりません。
F欄を卒業するために400万の借金を作って、
でも卒業してもブラック会社で働く人が多数です。
これはただモラトリアム期間を延長してるに過ぎません。
4年間の学生生活の遊ぶ時間を買っているにすぎません。
本当に勉強をやりたいと思うならば、
もっと早く勉強してもっといい大学に行くべきです。

生涯年収は知っていると思います。
一般的なサラリーマンの生涯年収は2億ほどです。
一流企業のサラリーマンの生涯年収は3〜4億ほどです。
今や一流企業に入るためには
良い大学を卒業していないとなかなか入れません。
卒業する大学によって1〜2億の生涯年収が変わってきます。
だからこそ私は良い大学に入る必要があると思います。
これはあくまで一般論であり、
私の個人的な見解ではあります。
そのために、400万で将来の1〜2億の差が付くならば
奨学金を借りる必要があると思います。

ただ大学に行きたい。

遊ぶ期間を延ばしたい。

まだ働きたくない。

だけで大学進学はよくありません。

奨学金の借りる制限を設ける必要があるかと思います。