女性の社会進出に断固言いたい事

今日も強気に言いたい事を言います。

私は女性の社会進出を政府が促進させるのに反対です。

もちろんこの政策によって
女性の方は働きやすくなったと思います。
働きたい方にとってはいい政策になります。

しかし、
政府は数字を求めます。

女性の管理職を○%にする

など。

私は呆れてしまいます。
なんで女性の管理職を○%にするのに
意味はあるのか。
優秀な女性を管理職にするのには
全く問題はありません。
それとは逆に
女性管理職を増やすためだけに、
管理職の能力がない人も
管理職に上げてしまいがちです。

今の時代は
同じ能力の男女がいて、
どちらか片方しか上げられない場合は
女性を上げます。

国が政策として
打ち立てており、
会社は女性管理職を
どんどん増やしている
と具体的な数字を出したくなるからです。

就活の時に
質問で管理職に女性はいますか?
って質問をよく聞きました。

優秀なら上げるだろと

内心思っていました。

そこで人事は

○%は女性管理職であり、
去年も1人管理職になりました。

それを聞いて学生は満足していました。

まだ女性の多い会社ならわかります。
女性比率が多い会社なのに、
男性管理職ばかりはおかしいです。


IT企業は女性比率はまだまだ少ないです。
その少ない中で○%なんて無理です。
だからこそ能力が低くても上げざるえません。

会社の比率と比較して
女性管理職の割合を考えて欲しいです。

男性、女性のどちらが
優秀とか
差別するとか
そう言う思いはありません。

ただ上に行く人は
それなりの能力を持った人に
上がって欲しいです。