転職活動のやり方

転職活動は自分で動き出さなきゃ始まらないです。

日々の仕事をしながら、
転職活動をします。

仕事が終わってから、
土日を使って活動します。

ステップとしては
1.エージェントに登録する
2.履歴書、職務履歴書を書く
3.希望企業に応募する
4.面接する
5.内定
6.現職での引き継ぎ
7.入社
となります。

ステップは意外と長いです。
順番に説明していきます。

《1.エージェントに登録する》
転職は必ずしもエージェントに
登録する必要はありません。
でも登録した方が断然に活動しやすいです。

私たち転職希望者はエージェントの
使用料は無料です。
無料ですが、転職活動の全てで面倒を見てくれます。
履歴書の添削、企業の紹介、応募、
面接日程の調整などなど
転職者と企業の間の調整ごとを全てやってくれます。

私は絶対に登録した方がいいと思います。

履歴書、職務履歴書を添削してもらえた事が1番嬉しかったです。
プロに添削してもらい、
よりよい文章にできたので、
その後の面接での自己PRでも
スラスラと話す事ができました。

また面接の日程の調整が楽でした。
仕事をしながらですので、
なかなか日程をつけずらかったです。
間に入ってもらう事で
スムーズに調整ができました。

転職希望者は絶対に登録する事を勧めます。


《2.履歴書、職務履歴書を書く》
応募の際に企業に提出する
履歴書と職務履歴書を書きます。

履歴書は本当に簡単な履歴を書きます。

職務履歴書はどんな仕事をしてきたのかを書きます。
これはフォーマットがないので、
自由に書く事ができます。
私は職歴が浅かったので、
時系列で書きました。
ここに自己PRなどを記載します。

自分がこんな仕事していたと再実感でき、
自己PRのネタが増えました。

《3.希望企業に応募する》
エージェントからはどんどん
企業を紹介されます。
その中でいいなと思った企業を応募します。
エージェントは何個も応募しろと言ってきますが、
自分のペースで構いません。
1度に多くの企業を応募すると、
もし面接になってしまった時に、
なかなか予定を組む事が難しくなります。

エージェントを使うのは無料と話しましたが、
ではどこでエージェントは利益を出しているのか、
それは転職者が内定を取り入社した時に
企業からエージェントに支払われます。
規模的に転職先の年収の1/3くらいです。

このことからエージェントはより早く
転職者には内定をゲットさせて
入社させようとします。
時には転職者に合致していない会社でも
勧める時があります。

エージェントは私たちがどの会社に入っても同じだからです。
できる限り年収の高い企業に入社してもらいたいくらいです。

現在の年収が400万の場合
6ヶ月で600万の会社に入るよりも、
1ヶ月で400万の会社に入ってもらった方が嬉しいです。
短期間で利益を出せる事になります。

私の場合は転職活動から入社まで半年かかりました。
長くのんびりって感じです。


《4.面接する》
面接では自己紹介、自己PRなどと
基本的な質問が多かったです。
後は軽く質問されるくらいです。
新卒のように動物に例えると
みたいな無駄な質問はありません。

多くの企業は
1次面接、最終面接の
2回しかないです。

《5.内定》
最終面接に受かると無事合格となります。


《6.現職での引き継ぎ》
いつ退職するかの調整を行います。
内定先は基本的にできる限り早く、
現職はできる限り長くですので、
基本的に難航します。
だいたいが1〜2ヶ月で退職になります。

私はここが1番しんどかったです。
忙しく有休を消化できずに、
最後まで忙しく仕事をして終わりました。


《7.入社》
ここからがスタートになります。
内定がゴールではありません。


転職活動はこんな感じになります。
私が言いたい事は2つ
・エージェントを活用する
・自分のペースで転職活動する
です。

皆様も是非活用してみてはいかがでしょうか。