読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風俗に配偶者も…人生でもっとも「無駄だった買い物」8選 | しらべぇ

風俗に配偶者も…人生でもっとも「無駄だった買い物」8選 | しらべぇ http://sirabee.com/2016/03/18/98535/ 

無駄だった買い物ってたくさんありますよね。
記事の中に元恋人へのプレゼントってありますが、
誰が書いたか忘れてしまったんですが、
その本の中に1番の節約は
1人の人を愛し続けて、
離婚しない事だと書いてありました。

まさにその通りですよね。
人生ってリセットボタンはありませんが、
恋人とのリセットボタンはいつでも
持っています。

リセットボタンはいつでも押せる代わりに、
それまでにかかったお金は戻ってきません。

またリセットボタンを押すお金(慰謝料)が
かかる場合もありますし、
勝手に押される場合もあります。

初彼女、初彼氏と結婚なんて
滅多にありませんが、
それができた方が1番の節約家ですね。

保育園と保護者をつなぐコミュニケーションサービス「kidsly」、リクルートが提供 - ITmedia Mobile

保育園と保護者をつなぐコミュニケーションサービス「kidsly」、リクルートが提供 - ITmedia Mobile http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1603/15/news134.html

やっぱり方向性が違う気がしますね。
他の方々も言っているように、
保育士の仕事の負荷が増えるだけですよね。

保育士はトイレに行く時間、
お昼を食べる時間さえも
満足に取れない中仕事をしています。
もちろん1時間のお昼休みなんてありません。
お昼ご飯を胃に押し込んで、
再び仕事再開です。
もしくは園児と一緒にご飯を食べるので、
園児を常に見ていないといけないです。

こんな中で写真を毎日撮って
配信するのは業務時間内では
非常に難しいサービスですね。

親からは子供がどんな事してるんだろうと、
気になり写真をもらえるのは
嬉しいサービスではありますが。

リアルタイムをウリにはしているので、
定時内に何枚か撮って、
配信するのは無理ですね。
個人のケータイを使うわけにもいかず、
デジカメで撮って、
PCに落として、
そっから配信。
しかも数人にしか配信できないので、
何枚も撮って、
配信する人を間違えずに選ばなければなりません。

今の仕事にプラスしてやるのは
さすがに酷ですね。

保育士の現場を知っている人が
考えたのでしょうか。

保育士が少なくて、
受け入れられない状況にある中、
このようなサービスではなく、
保育士の負荷を減らせる
サービスを考えて欲しいものですね。

日本では教育現場だけがICT化から取り残されている | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

日本では教育現場だけがICT化から取り残されている | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2016/03/ict.php

教育現場でのITCはさほど重要とは考えません。
それよりも重要だと感じることは、
ITリテラシーの教育です。

一時期Twitterで様々な事が書かれており、
それが炎上していました。

情報機密な内容でさえも
気軽に載せてしまう
若者が恐ろしいです。

ネット、SNSにアップしてしまったら、
その内容は全世界の人に見られる可能性、
永遠に残り続ける可能性を
よく理解させなければなりません。

このTwitterにアップをする事で、
その学生の人生が狂う事になってしまいます。
もちろん犯罪などをしている人は自業自得ですが。
気軽にアップできる反面、
それをアップしても本当に大丈夫なのかと
自問自答できる頭が必要になります。

最近では
会社でも業務内容については
SNSに書き込むのは禁止です。
と言われます。

そのアップした1人が責任を負うのではなく、
その会社までもが多大なる迷惑を
被るわけになります。

被害総額は莫大なものになります。

近年はITが非常に身近なものになってきましたので、
学校でもITリテラシーの教育をやって欲しいですね。

電子書籍の利用率が2割弱で頭打ち、「利用意向なし」が増加、「関心なし」と合わせると6割以上に

電子書籍の利用率が2割弱で頭打ち、「利用意向なし」が増加、「関心なし」と合わせると6割以上に -INTERNET Watch http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20160314_747958.html @internet_watchより

なんで普及しないのか
本当にわかっていないのだろうか。
私は販売する人たちが不思議でしょうがないです。

普及させるためには
安くするしかないです。

電子書籍は物として手に入りません。
データを買うだけです。
電子書籍と紙の本の値段が
さほど変わらないのは不思議です。

紙代
インク代
工場の人件費
工場の費用
運搬費用
運搬の人件費
運搬のガソリン代

少なく見てもこれだけ
紙の本より費用がかかっていません。
でもさほど金額が変わらずに
売られているのが現状です。

電子書籍は非常に便利です。
スマホで読みたい時に
読めるんです。
バッグが重たくならないんです。

漫画など読む分には非常に
ありがたいです。

でも1冊安くて100円。
何年前の漫画かもわからないやつが。
ブックオフで108円で
本物が手に入るのに、
データを100円で買うのは
抵抗感があります。
10円どかでしたら
もっと売れると思います。
古本はそうすべきです。

人はやはり所有したくなる生き物です。

自分の物にしたいんです。

なんで夢のマイホームって言うのか

持っている事が嬉しくて
自慢になり、
みなに言いたくなるからです。

所有したいんです。

それをデータ

データなんて所詮データでしか過ぎません。


アマゾン、銀行の常識を破壊…わずか審査1日で融資、金融機関の独占崩れる

アマゾン、銀行の常識を破壊…わずか審査1日で融資、金融機関の独占崩れる

どんどんと色々な企業がAmazon
市場を奪われつつありますね。
Amazonは巨大企業であり、
ネット販売で培ってきた実績を
様々なジャンルに応用しています。

現状に満足せずに、
常に上昇志向を持った
いい企業です。

実績のある企業だけですので、
つまりAmazonに出店している
又は出店していた
企業にのみ融資する事になります。

販売実績などを事前に審査しているため、
Amazonに出店したら
全てデータ化されて、
裏で管理されていると言うことです。
情報が全て抜き取られていることになります。

やはり自身の巨大コンテンツを
持っている事は最大の武器でありますね。
日本では楽天市場が似てはいますが、
まだまだAmazonには遠く及ばないですね。

クビになったらすべき7つの習慣

https://m.newspicks.com/news/1444689/body/?dl=false

この記事は元がアメリカだから、
アメリカ人に合った内容になっています。
日本人には少し不向きな感じもしますね。

でも決して落ち込み過ぎたり、
悩み込んではいけません。

もちろんクビになった理由などには
正しく向き合い、
改善していく必要はあります。

この記事のように
今までやってこなかったように、
友人たちに会う事はいいことです。
人脈は宝です。
あなたにとって何かいい情報をくれるかもしれません。

日本はまだまだ転職市場が活発ではありません。
新卒で入った会社に定年までいる人は
まだまだ多く存在します。
私も転職組ですが、
違う会社に属する事はやはり大変です。
大変ではありますが、

自分にはこれならできる
他の人に負けない

所を持っていますので、
やっていけています。

是非ともクビになる前に、
他の人に負けない部分を
磨き上げていきましょう。

囲碁AIにプロ棋士が初勝利 1勝3敗に:日本経済新聞

囲碁AIにプロ棋士が初勝利 1勝3敗に:日本経済新聞 http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG13H2P_T10C16A3000000/


驚きました。
セドル選手が初勝利しました。
このままアルファ碁が全勝すると思ってました。

まだまだ人間もやるものですね。
人間には学習機能があり、
今までの経験から
その先を考える力があります。

ただ確率で動くだけでなく、
第六感などもあり、
予想もしえない考えが生まれる事があります。

これは到底機械にはできないことです。

また人間は脳を数%しか使っていないと言えます。
火事場の馬鹿力が発揮するのは
脳のリミッターを外して、
脳の使用率をアップさせて起こることです。
セドル選手も全敗は逃れたい一心で、
リミッターが外れ
脳をフルパワーで使ったのかもしれません。

今後AIに勝って行くには
私たちは脳をどれだけ使っていけるかが
決め手になるでしょう。

あとAIには創造はできないため、
そこの部分での勝負になりますね。